軽ワゴン車内泊仕様化計画 (HONDA ライフ)   

乗り心地の悪い軽1BOXでは病気の嫁には背中痛になってしまうので買い替えを決意。
キャンプにも行けない状況なので軽の乗用車にしようと思った。が、仕事で荷物も積むので出来るだけ広い室内を持ったものがいい。
という訳で軽ワゴンに行き着いた。その他諸事情から候補は旧ekワゴン・旧MRワゴン・旧ライフに。
オークションを毎日チェックしてはウォッチリスト→入札を繰り返したが、終了時間を前に競り合いになると意地の張り合いだ。

しかし運良く現車確認してその場で希望価格で落札できた良好なライフが手に入った。
最近の軽は(最近といっても8年落ちですが)一昔前の1500ccクラスの乗用車と変わらないほどの質感と広さがありますねぇ。
乗り心地はやはりミニキャブとは比べ物になりません。シートや足回りはやや固めの設定ですがこの方が安定してますし疲れにくいでしょう。

新規格で車重量が増えた分、エンジンの非力さと3ATで高速では辛いかもしれませんが街乗りの足としてならホントこれで十分です。
加速もエアコンOFFの状態ならストレスありません。エアコンONにするとかなりパワーロスします。(これはどの車でも仕方無いですね)
ずっと前から思っていてメーカーに提案なんですけど、エアコンはアイドリング時と加速が終わって40kmを超えてから自動的にONされる装備が欲しいなぁ。
パワーロスも少ないだろうし、燃費も良くなるし、なにより発進加速時のストレスも無くなる。加速時くらい冷風は我慢します。
発進&加速時はペルチェ素子利用の冷風に切り替えるとか。
それと街中を40km弱のスピードで走ると直ぐシフトダウンっを繰り返すのでかったるい気がします。


2000年式 ホンダ ライフ  
       660cc
 Bタイプ 
 

エンジン 直列3気筒SOHC
性能最高出力 52ps(38kw)/7200rpm
最大トルク 6.2kg・m(61N・m)/4500rpm
全長×全幅×全高 3395×1475×1605mm
室内長×室内幅×室内高 1660×1210×1255mm
ホイールベース 2360mm
車両重量 800kg
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) 車軸式
燃料タンク容量 31L
トランスミッション 3速コラムAT
2008年7月〜現在 

7月       ホイルカバー

ライフのタイヤは12インチ。
他社の同クラスはほとんど標準で13インチ。
購入時アルミは付いはないしホイルカバーも無い。
タイヤ自体は9分山といったところで交換するのはもったいない。
タイヤ&ホイールはオートバックスのセット特売を待つ。
それまでホイールカバーで見た目をカバーすることにした。
オークションの中古で2000円。
案外と状態はキレイでした。


   合計、2000円

7月      オーディオ
ここ何年も使い続けているサンヨーのCDレシーバー。ライフでもお世話になります。
購入時は純正のAM・FMラジオのみ
やっぱり好きな音楽が聴きたい。
ライフのパネルは外し方が大変らしくネットでは書いてあったが、あるページで見つけた方法。
助手席側のダッシュボード裏から手を入れて押してツメを押し外す方法。
これで簡単に外すことが出来ました。あとはコネクターです。
ほとんどが空きの端子なので数千円出してアダプタを買うよりギボシ端子で直接配線。

     合計、200円

     P泊仕様化計画考

まずはリアのドアスピーカーの取り付けを予定。内張りパネルにスピーカーグリル付きだ。
捲ってみるとスピーカーは付いていない。10cm用だが変則的な形状だ。普通はライフ用のスピーカーを使いたいところだが、既に一般オーディオ用のダブルコーンSPを買ってしまった。
バッフルボードでスペーサーを作って取り付けよう。
センターウーファーには振動スピーカーを使おう。問題は取り付け場所。
DVDプレーヤーとダイバーシティアンテナも取り付けよう。

ライフの室内長は1660cmとなっているが、これはダッシュボードからリアシートの背もたれまでの長さで最後部までは1800cmはあるでしょう。

よってマットを敷き詰めてのベッド化は可能なのです。
前席はフラットシート。リア背もたれは少し倒れる。これで足を伸ばして休憩程度は出来る。(写真上)
しかし、やっぱり大の字で寝れるマットが欲しいのだ。
後部座席はたたんで足元に収納してしまうと後部にフラットな荷室が出来る。
でもこれでは長さは120cmほどしかなくとてもじゃないけど寝れる空間ではない。(写真中)
予定としては・・・前席をフラットにして、後部座席は背もたれ前倒しで荷室に引き出しを置くと
同じ高さになる。その上から全面マットを敷く。(写真下)
ミニキャブ用に正月に親父にもらった引き出しがピッタリと計ったように納まったし高さも丁度。
若干室内高は犠牲になるが、これが一番手早いし荷物スペースも多くなる。
コラムATなので座席には目一杯マットは敷ける。フロント座席がベンチシートだともっと良かったのに・・・・

それとライフのエンジンルームは意外と空きスペースがある。ここを何とか使えないかなぁ。

2000Wインバーターとサブバッテリー&アイソレーターを詰込もうかな?
その前にストリートから外したアーシング装着が先だ。


比較的大きめのドアバイザーはこの次期は少し窓を開けておくことで、炎天下での熱気の逃げ道が出来てウレシイ。

本当はサンルーフかベンチレーターが欲しいのだが・・・・・・
それと、あとプライバシーガラス装着者ではないので、UVカットフィルムを貼りたい。
できればまたカーテンが欲しい。レールはまた例によって極太針金でいいが、サイドはフロント&リアと1枚物にして開けた時には最後部のコーナーに収めたい。

でも・・・・それ以前の問題で休日が欲しいなぁ。






日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】


テレビ「どっちの料理ショー」にも出た食材販売

話題の車中泊グッズなら車中泊専門店におまかせ!

車買取 最大8社に無料で一括査定依頼!

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定

輸入タイヤ直販店 オートウェイ

クルマ売るなら、全国600社無料一括比較のcarview愛車無料査定

カーチスの簡単&無料な愛車査定サービス!

⇒ 廃車のプロ。廃車ひきとり110番はこちらを。

車検に迷ったら、ホリデーへ!抽選で毎月55名様に当たる!

 P泊決行とフルフラット再検討

お盆休みを利用して田舎に独りで初の遠出。1泊1.5日(深夜発→深夜着)ですけどね。
ETC付なので高速(利用する価値のある区間のみで深夜割引)も利用しましたが、想像したより静か。
ステレオの音量もそのままで走れました。走行安定性も良好。キシミ音ビビリ音共に無し。
110km超えまで出してみましたが騒音は許容範囲内のレベル。恐怖感も無し。
登板車線利用も無かったです。走りだけでみたら今まで所有した車の中でも上位ランクかも?
山岳地帯では少々の登り坂でもアクセルはそのままでそのままのスピードで登り続けるトルクがありました。
長時間運転の疲れも前のミニキャブと比較出来ないほどで、現在の軽の実力を思い知りました。

高速のパーキングで就寝してみる。フロントシートだけフラットに広げて、リアは背もたれを前倒し、
最後部の引き出しでフルフラットに(前項の写真下の状態)。
その上に3つ折厚手マットレスを敷く。90×180cmの低反発マットレス。
丁度、腰の辺りに背もたれの角が当たり、下半身が少し沈む。仰向けに寝るとへの字になってしまう。
少しの事なのだがどうも気になって寝付けない。
前席シート部分の高さを板を置いてリアとキッチリ合わす必要がある。
お盆期間中だしアイドリングで就寝中の車も多いし、眠気も無いのでそのまま田舎近くの道の駅まで直行する。
スペース的には問題ない。もう少しワイドなマットも敷ける。高さもあぐらを掻けるほどの余裕はある。
丁度、寝転がるとリアウインド越しに満天の星が見えて気持ちいい。流星は見れなかったな。
標高が500mと高いので涼しい空気が窓とドアバイザーの隙間から入ってくる。
隙間にクロスフローファンで強制的に吸気か排気をしてやるともっといいかも。

夜明けて墓参りを済ませた後、実家では洗車とストリートから取り外したアーシングを装着。

何か加速もエンジン音もステレオの音質も良くなったような気がするが、多分気分的なもんだろう。
バッテリーを90度回転させるられればサブバッテリーも入りそうな感じなんだけどなぁ・・・


帰宅途中給油して今回の燃費計測するとなんと16.9km/L!
運転暦30年での最高燃費を達成した。ある程度の省エネ運転はしたが多少の急加速もした。
走行距離で300km。そのうち100km弱はエアコンONで走った。
今の季節じゃなかったら17km/L超えてるだろうか?


改めて今の軽自動車の実力を知り、見直しました。

8月       リアスピーカー

スピーカー本体は取り付け穴を見る前に普通のオーディオ用のダブルコーンを買っていた。
やや変形のスピーカー取り付け穴にはそのまま取り付けることは不可能でスペーサーを作ることにした。
100均で丁度よいバッフルボードがあったのでそれをカットして取り付けた。
ネジ穴は3箇所。
上手く収まりました。臨場感でました。





8月       前席マット用渡し板

P泊決行の時に不具合だった前席部分。
コンパネを左右に分けてカットして高さを合わすようにしてみました。

しかし、マット無しで実際に寝てみると予想通りシートのクッションがあるので沈んでしまいます。
もう少し、改良しなくてはなりません。

やはり1枚板にするか、骨組みが必要なのかな・・・?
そうするとどうしても荷物が嵩高くなってしまう。
ううう・・・ん (ーー;).。oO(考え中)


8月       シガーライター取り付け

この車には装備的にはエアコンとPS、エアバックのみで他には何も無い。
キーレスはおろかパワーウインドウもリアワイパーも無い。
シガーライターすら無いのだ。
タバコは辞めたから火は要らないのだが、12V電源の扇風機やランプを使う時に不便だ。
丁度、以前日本橋のジャンク屋で購入していたシガーライターソケットがあったので取り付けた。
電源はフューズBOXのシガーライター用のフューズ差込口から引っ張って別にフューズを入れた。
これで12V電気器具が使えます。






8月  簡易ベンチレーター

ハイラックス時代のハンドメイドキャンパーで使っていたギャレー用換気扇。
クロスフローファンを利用した物で当時はベニヤ板に取り付けて、もっぱら喫煙用の排気に使っていました。
これを改造してアルミ板に付け替えました。
取り外しの利く簡易ベンチレーターとして使います。
取り付けは窓を少し開けて挟むだけ。フロント&リア共に装着可。
また裏向けにして取り付けると送風機になります。
P泊には欲しかった装備です。

音が少しうるさいので変圧器を付けたいな。




JTB旅行情報


ディズニーリゾート

人気宿をチェック!ぐるなびトラベル予約ランキング

「卸値」だから安い!しかも直前は大幅値下げ!/トクー!

格安高速バスの24時間オンライン予約

空旅は出発の1時間前まで予約が出来ます


海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

海外ホテル予約ならオクトパストラベル

格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】

毎週15000カップル誕生の人気サイト

初代軽自作キャンパープチ改造日記へ  2代目軽自作キャンパープチ改造日記へ



HOME               BACK