初代自作軽キャンピングカー仕様 (HONDA ストリート)   2代目へ

老後の為に貯蓄と商売の安定を願って、ランニングコストのかかるタイガーを売却し、しばらく馬車馬の様に働くこととしました。
でも「3ヶ月に1度くらいはPキャンしたいな〜ぁ」「たまには緑を見ないと死んじゃうよぅ〜!」ってなもんで
無謀にも軽1BOXでもキャンプが出来るように自作でコツコツと軽キャンピング仕様にへと変身を試みます。
シンク&コンロ必要ないので勿論、4ナンバーのままでお金を出来るだけ掛けずに、粗大ゴミ利用や手持ちの物をリサイクルで。
アイディアマンの本領発揮です・・・・・極貧改造。良いように言うと言うとエコですエコ。

基本的には大人二人がフラットのマットでプライバシー確保して寝れるだけでOKですが、欲を言えば寝るだけで一杯の荷室の荷物を片付けるスペース、バッテリー上がりの心配ないサブバッテリー追加、照明、テーブル、網戸、冷蔵庫、ヒーター、タープ等々。。。軽キャンパーとしてグレードアップしていきます。さて、どこから手をつけていくかな?
その前に15年落ちの老車なんで、あとどれくらい動いてくれるのか心配でもありますが・・・距離は6万5千kmですけど。

1992年式 ホンダ ストリート  ベース車
               660ccEX
 
(ワインレッド)  
エンジン 直列3気筒SOHC12バルブキャブレター
総排気量 656cc しかないねん
最高出力 38ps(28kW)/5300rpmぽっち
最大トルク 5.5kg・m(53.9N・m)/4500rpmだけ
車両重量 850kg メチャ軽
全長×全幅×全高 3295×1395×1870mm (チョイ狭)
駆動方式 MR
(ホンダのミッドシップというとNSXしか思い浮かばないが・・・)
サスペンション 前 マクファーソン式独立懸架方式
          後 ド・ディオン式
燃料タンク 37リットルで満タン
トランスミッション 3速AT(80kmで5000回転・・)
     合計、コミコミ200,000円ポッキリ
2007年4月〜同年8月 



5月中旬       ロールスクリーン
P泊の時に荷台で寝ると外から車内が丸見えだ。
キャンパーとしての必須装備であるプライバシー確保。
100円均一でロールスクリーンを買って付けてみる。
押しピン?頭のプラスチックのやつに引っ掛けて。
なかなかの出来栄えです。
生地が厚すぎもなく薄すぎずもなく。
普段は巻き上げてクリップで挟むだけ。
後部座席横は長さが足らなかったので継ぎ足したが、
やっぱり弱いのでスライドドアを開けたときの
ショックで折れたりする。
ここは、後ほどカーテンにしよう。


   合計、600円

5月中旬      ルーフに網棚を
つづいてキャンパーの必須条件収納部門。
100円均一で突っ張り棒を2本と網目の棚を購入。
寝袋やロールマットや折りたたみ椅子などを積んでおく為だ。
ストリートはハイルーフだからこれができる。
意外とシェラフやマットも丸めたら
入るくらいの高さはあるんです。

広い荷台といっても、荷台に2人が寝転がると荷物の置き場所が無い。
使えるスペースは必然的に上になってくるなぁ。。。。

でも大きな物や重い物はどうすんだ?


     合計、300円

5月29日     エンジントラブル
Pキャンプ仕様計画思案中にまさかのエンジントラブル発生!
どうやらまた点火系統らしい・・・・・燃料系かな?
プラグを代えてみる(ホームセンターでNGKプラグ590円?安っ!)と
セルは回るものの、どうも掛かりが悪い。。。。。。
休みの日に、まず念の為ガソリンタンク水抜き剤を注入。
続いてエンジン洗浄活性剤も注入。更にオイル潤滑剤も注入。
エンジンがかかると数分のアイドリングの後にキャブレターの
エア入り口にキャブ洗浄スプレーを吹き付ける。
この時アイドリングを高めにしないとエンストしてしまう。
これでエンジンは一発でかかるようになった・・・・一安心。
一応、少しアイドルスクリューを回してアイドリングを高めにしておいた。


   合計、3,536円


日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】


テレビ「どっちの料理ショー」にも出た食材販売

話題の車中泊グッズなら車中泊専門店におまかせ!

車買取 最大8社に無料で一括査定依頼!

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定

輸入タイヤ直販店 オートウェイ

クルマ売るなら、全国600社無料一括比較のcarview愛車無料査定

カーチスの簡単&無料な愛車査定サービス!

⇒ 廃車のプロ。廃車ひきとり110番はこちらを。

車検に迷ったら、ホリデーへ!抽選で毎月55名様に当たる!

6月       UVカットフィルムで目隠し
ロールスクリーンは走行時は視界確保のため巻き
上げておくが駐車する度に車中は丸見え。
車内の高温化防止と兼ねてホームセンターの
激安UVカットフィルムを購入。
フィルムを貼るのは30年ぶりだ。色は一般的なダークスモーク。
視界も確保できていい感じです。


後々見ると、やはり空気が所々に・・・・・でもまあ納得。



    合計、1,185円

6月       カーCDステレオ付け替え

これが無ければドライブは楽しくない。
購入時に付いてあったステレオは右側の音が割れていた。
アンプ不良なのかスピーカーの不良なのか分からないが、
タイガーで使っていたステレオに付け替える。
ピンジャックのLINE入力があるからテレビやDVDの音声が繋げられるし。
スピーカーもタイガー純正の物に付け替えた。ダブルコーンだから少し音質はいい。
リアスピーカーはまた後ほど。


6月        エアコン故障?
あれ?エアコンから冷風が出てこない。
きっとガス漏れかなあ?今度、入れてもらうことにしよう。

    合計、0円

6月      荷台にコンパネフローリングクッションフロア
荷台は一応、カーペットが敷いてあるが、古いし汚いしホコリっぽいし、このままでは
凹凸があるので、フラットになるようコンパネを敷いてやる。
ストリートはミッドシップ。荷台下にエンジンがあるのです。エンジン、バッテリー、
ヒーターのメンテ用に3箇所の蓋があるのです。
普通、バンコンバージョンの場合荷台にコンパネを貼り付け
てしまうのですがこれが出来ません。
メンテナンスを考え変則的4分割にして見た目も考えて、
それぞれ家に余っていた木目のクッションフロアーを貼り付けました。
柄バラバラだが仕方ないでしょ。余り物だから。
コンパネの裏側には厚めの銀マットを貼り付けて、
荷台の凸凹とのサンドイッチ。
また、前方は折り畳むと後部座席が展開できるし
DVD鑑賞用に上体を起こして足を伸ばして観れるように蝶番を付けた。

ストリートはフロントシートと後部座席でフルフラットシートになるのです。
が!ワゴンタイプのフルフラットシートのご多聞に洩れず実際はフラットでは無くフル凸凹シートなのであります。
後部座席は折り畳むと足元にスッポリ収まるので、2名乗車では
荷台は180×120のまっ平らなスペースになるのです。
前部コンパネを2つ折りにすると、そのまま後部座席は展開できます。


鉄板丸見えや灰色ビニールカバーとは違って見栄えは軽キャンパーらしくなりました。






      合計、3,240円

6月     タイヤ交換しなければ(汗)

安い中古車だから仕方ないのか。
購入時からタイヤはほとんど溝が無かったし、ヒビ割れがある。
どうせならインチアップしたいが・・・・・
ネットオークションで探すと中古タイヤだが4本で1980円で落札。
出品者も大阪なので引き取りにいく。溝は7分くらい。
組み換えはこれまたネットオークションでで1本1250円!
(組み換え・バランス・廃タイヤ引取り込み)
工場やGSで問い合わせると1本3000円はするのだ。
スペアタイヤがパンクしていたので履いていたタイヤで
一番溝が残っていたものをスペアに回した。


   合計、8,580円

6月     アーシングでどうよ?
プラグ交換やキャブ洗浄スプレーなどしたが、エンジンは直ぐに
かかるものの時々信号待ちでアイドリング不安定になる。
点火系統には間違いなさそう。
次はプラグコードの交換予定。
が、その前に最近流行のアーシングをしてみるか。
バッテリーのマイナス端子からエンジン本体、デスビ、シャーシ、
オルタネーターとアーシングしてみた。
効果のほどは・・加速は・・実感無し。
ただ、Pとニュートラルでのアイドリングが異様に2000回転近くに高くなった。
あとは、デスビ・イグナイター・イグニッションコイル。。。。
特にデスビは触媒がチョー邪魔な位置にあるんだなぁ。。。


  合計、2,780円

6月     プラグコードも交換

相変わらず信号待ちでアイドリングが不安定だ。
時々カクッと一瞬だが4〜500回転くらいに下がる。
走り出せば普通に元気に走るのだが、なんとなく気分が悪い。
最初はエンストもしたが、プラグ→アーシングときて、お次は
ヤフオクで新品NGKプラグコードを3150円で落札。
早速、ちょちょいと交換した。
色がアーシングコードと同じブルーだ。
アイドリングは時々クッと下がるものの700回転くらいだ。
どうせ消耗品で交換時期ではあるので、安い簡単な物から交換していこう。
次は、エアクリーナーエレメントだ。

室内改造どころではなくなってきた・・・・

  合計、3,150円

6月     相変わらずエンジン不調&エアコン没

エアフィルターはヤフオクで落札したが、まだ届かない。
その間にも段々と症状は酷くなってきた。暖気運転後に限ってだが最初はクッと一瞬下がるだけの状態がはっきりとしたアイドリング不調にそしてエンスト。
さらに発進時ノッキングするようもになる。
ネットで検索すると同じ車種ではないにしろ、まったく同じ症状が報告されている。ただ症状は同じでも、原因は点火系、燃料気系、給排気系、エンジン本体と多岐にわたる。厄介な故障だ。原因究明のために清掃やOHあるいは安い部品から交換していく。
今回はデスビキャップを外して清掃。ローターも清掃。
茶色い粉が付いているが水漏れや錆はなさそう。。
続いてキャブカバーを外して覗いてみる。
5本のエアゴムホースうち1本に割れ目発見!
これが原因かぁ?割れた部分からカッターで切って差し込む。
しかし、症状は変わりなしで整備工場行きを決断したが、「代車が週明けにならないと無い」とのこと。
キャブクリーナーを吹き付けてみると「あれ?絶好調?治った」
・・・・・しかし2kmも走るとクッと一瞬回転が下がる→アイドリング不調→回転数低下→ノッキング→エンジンストールといったここ1週間ほどの症状が10分間で凝縮されて出てくる。
もう一度、キャブクリーナーを吹き付けてみると再度復活して様子をみると同じ経過をたどってエンスト。
どうやら原因はキャブらしい。交換かOH。
キャブクリーナーは使い過ぎるとプラスチック部分にはよくないらしいが・・・・

あくる日、キャブのカバーを外して中央のピストンの清掃をしてみた。
煤汚れをクリーナーを吹きつけウェスで拭き取る。
組み直してエンジン始動・・・・調子イイ〜!
しかし・・・・5kmも走るとまた(T_T)
翌日、やっとエアフィルターが届いた。早速交換。
新品と比べると随分汚れている・・・・・が・・・・・・
交換後も症状は同じ。。。。(T_T)
ド素人で手を出せるのはココまで。

翌日とうとう、整備工場に持って行った。
キャブレターをチョイOH?プチOH?エロカワイイOH?・・とイグナイターを交換。
元気になって戻ってきました。
  
エンジン不調時は7.5kmと乗用車並みだった燃費も11kmオーバーに激善快!

合計、23,000円


しかし、エアコンはコンプレッサー・エバポレーター・コンデンサーとも壊れているので
10万オーバーすると言われ今夏は?エアコン無しで我慢です。来年は?まだ乗ってるのかなぁ?
10万円あれば家庭用窓用エアコンは空きを持ってるので、発電機の中古を買おうか?とか思う。
いや、マジで。
。。。

これからの改造は次期中古軽1BOXにも流用出来るようにしよう〜っと。
次はバモスホビオのグレーかブルーの5速Mがよいな〜ぁ。でもまだ高いなぁ・・



6月     前席カーテン序に後部座席カーテン

フロントウインドーは100円均一のサンシェードで目隠し出来るが、
スモークフィルムが無い前席横からはお休み中ハシタナイ姿が丸見えです。
そこで運転席&助手席横カーテンを製作。
生地は100円均一のロールカーテン地を流用。
3.2mmの極太針金を折り曲げて窓のアールに合わせてレールを製作。
それを3mmドリルで穴を開けたプラスチック部分に差込み固定。
生地は上部で折り曲げ筒状にして両面テープで張り合わせ
それをレールに通しました。いい感じです。
下両端にハトメを付けて押しピンに差し込めば、長さは目一杯です。
気をよくして序に後部座席部分もロールスクリーンからカーテンに変更。


製作時間30分

   合計、600円

6月     リアスピーカーは最後部に
リアスピーカーの設置場所を最初はルーフ最後部にと考えて
たのですが、いい場所を見つけました。
後ろのゲート部分です。
プラスチックの板がはめ込んである。
外してみると他にも利用できそうなスペースもある。
ここに決めた。
家に余っていた10cmスピーカーを組み込む。
そのままでは荷物が当たったりするとコーンが破れるので
スピーカーグリル100円でガードしました。

あとはセンターウーファーを何処に置くか?です。


    合計、200円

6月     とっさの時のティッシュBOX

荷室に100円均一のティッシュペーパーホルダーを
付けていた(マグネット式)のですが、運転席付近には無いのです。
ふと運転中、鼻水が出そうなときに紙は後ろの手の届かない所。
「前にこそ必要だなぁ・・・・場所は?ダッシュボード上?」
デッドスペース発見!
頭の上。フロントサンルーフとリアサンルーフの間です。
しかし、どう付けるか?
押しピン?ネジ止め?
いやいや、サンルーフとサンルーフの間に針金で型取って
折り曲げてティッシュホルダーを作りました。
製作時間5分。
 

  合計、0円

6月     とりあえずサブバッテリー

ストリートでP泊初体験の後、サブバッテリーの必要性を感じ
タイガーでプロジェクター用バッテリーとして使っていた40B19Lを置きました。
メインバッテリーが放電してしまったのではなく、バッテリー
上がりが怖くて何も使わなかったのです。このバッテリー3個持っています。
充電はいまのところ走行充電システムを使わず、お出かけする機会も少ないので
当分の間はP泊前に 自宅で充電器で充電します。
室内に置くのはあまり良くないのですが、最後尾に3.2mm径の硬い針金で固定しました。
とりあえず、扇風機と室内灯、インバーターの電源確保。
しかし・・・・こうして見るとタイガーと比べて装備は貧乏っちいな〜ぁ。
極貧キャンパー改造はお手のものですから。これはこれで楽しいのです。 


 合計、0円

6月     ルーフに棚板とかリアテーブルとか

100円均一の突っ張り棒2本だけでは長い物や重い物は乗せられません。
荷台で就寝時に重い荷物を乗せる棚板とルーフ棚を兼ねて
使える棚板を余り板で作製。
またある時はリアテーブルとして、ある時は室外テーブルの天板として使えるよう化粧版を貼り付けました。
柱を2本渡して、固定は後部2箇所は木ネジに穴を差し込む。
前部2箇所は簡易L型ボルトです。
棚にある袋2つはエアーロールマット。
右の緑の袋は折り畳みスタンド大小2本入り。いずれもリサイクルセンターでタダで頂いてきました。


    合計、859円

6月     寝室
キャンピング仕様の最重要ポイントの寝室状況です。
上のルーフ棚にあるブルーの袋2つはロールマット。
リサイクルセンターでタダで頂いてきました。
内部にマットが入っていて、そのままでも使えますが
さらに空気を入れてエアマットにもなります。
幅70cmあるので2つ並べるとストリートの荷台では余ります。
問題は荷台の下にエンジンがあり走行後はこの部屋は熱を持つ事。
特にこれからの季節はキツイかもしれない。冬場は逆に良いのだけど。                 

また、ストリートは前席と後部座席のヘッドレストを外せばフルフラットシートとなります。
凸凹が出来ますが、低い部分にマットを敷くなりすると寝やすい方だと思います。
後部座席背もたれ部分が高いのでこの部分を枕にするとOKです。



     
合計、0円


7月       夏はウォータージャグだ!

シンクは必要ないですが、これから暑い季節。
冷たい飲み物が欲しいのです。
缶ジュースばかり飲んでいては糖尿病になります。
それに本当に暑いときは、冷たい水かお茶の方が
美味しいんですよね〜ぇ。
お出かけの際は
店でも使っている8Lのウォータージャグを使います。
店にはアルカリミネラル活水器と氷は製氷機に腐るほどあるから、歯にしみるほどの
冷たい美味しい水が溜められるのです。
ゴムベルトで縛れば走行時も安心。蛇口はフタがあるので水漏れも無し


     合計、0円

7月    省エネLED室内灯

ストリートのルームランプでは暗すぎます。
以前のハンドメイドキャンパー時代に作ったフォグランプを利用の室内ランプは23W。
サブバッテリーも40B19Lと容量の少ないもの。
タイガー所有の時に作ったLEDの残り物(超高輝度白9個、
高輝度白6個、汎用輝度黄5個)計20個と定電流ダイオードをかき集めて
8回路をユニバーサル基板に収めました。
全部点けても200mAぐらいですが、スライドスイッチを付けて
さらに100mAの省エネモードに切り替えも出来るようにもしました。
十分納得のいく明るさです。


       合計、0円


JTB旅行情報


ディズニーリゾート

人気宿をチェック!ぐるなびトラベル予約ランキング

「卸値」だから安い!しかも直前は大幅値下げ!/トクー!

格安高速バスの24時間オンライン予約

空旅は出発の1時間前まで予約が出来ます


海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

海外ホテル予約ならオクトパストラベル

格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】

毎週15000カップル誕生の人気サイト

7月      リアゲートのロールダウンシアタースクリーン

タイガーで使っていたプロジェクター。
ストリートでもミニシアターがしたいな〜ぁ・・・・
リアウインドウのプライバシー確保を兼ねてスクリーンを取り付け・・・て・・・
しかーしっ!
ロールスクリーンの幅はパイプも入れると123cm。
ストリートの幅は床付近で125cm。
ただ、サイドが湾曲してルーフ付近は90cmほど。
思い切って幅90cmにカットすれば今度は下のほうが隙間ができてしまう。
別にホームセンターでロールスクリーンを探すと安くても5000円くらい・・・・
そこで名案!作ってしまえ〜ぇ!

「どうすれば・・?」無い知恵を絞りました。
発想を転換して、上から下に巻き下げる、下から引き上げる。。。。
要するにロールダウンスクリーンにしちゃえばいいんです。
スクリーンは100円均一のカーテンと同色のベージュの物がホームセンターにあった。
裏地は白の生地を貼り付けてある130cm幅のやつを切り売りで1m980円で購入。
これを2cm径の木の棒を123cmに切断して巻きつける。
端は切り込みを入れ100円均一の2mメジャーを解体してゼンマイケースごと1mm厚の
アルミ板で金具を作り固定。自動巻取りとする。もう片方の端はL字金具で中心をネジ止め。
スクリーン上部は押入れにあった手作りタペストリー用パイプが
丁度よい90cm幅だったのでこれを利用して生地を左右15cmづつ余らす。
いい感じに仕上がりました。し・か・し・・・貧乏改造〜楽しいなぁ〜・・・・・性に合ってるのかな?
あとは車の湾曲に沿ってカットするだけ。

ミニシアターとしてはタイガーの時のように60インチとはいかないけれど・・・・40インチぐらい?
合計、1,134円

7月    自作アイソレーター

日本橋のジャンク屋で35Aの高電流ブロックダイオード(1個700円)を見つけた。
「こいつをサブバッテリーの充電に使ってみようか?」と閃いた。

実際、シガーライター差込タイプの簡易型のアイソレーターはブロックダイオードを使っているらしい。
シガーライターからの充電だと充電電流は10Aしかないし、運転中以外は抜いておかないと
メインバッテリーからサブバッテリーに電気が流れてしまう。
本来アイソレーターとはバッテリー間に電気が流れないようにする為の物で普通に買えば1万円以上する。
ブロックダイオードは主に交流→直流への電源回路に使われる物で、単純に言えば1個の中に
ダイオードが4つ入ってる。端子は4つあるが、不要な2つは根元からへし折った。
熱を持つので放熱板(100円)も買った。それとダイオードと放熱板の間にシリコングリスをたっぷり。
取り付け場所に困ったがバッテリーBOXの隙間にビス止めした。
ストリートのダイナモ容量は40A。
ブロックダイオード2つで許容範囲は70Aになるからまず壊れないだろう・・・・

コードはカーショップで自動車用の5スケア配線コードを5m。
これで、いつでも運転中はメイン・
サブ両方に充電され、 停車中は
サブバッテリーから電装品が使える。
装着後問題無しで14.7Vあったダイナモ電圧がダイオードによる
1V電圧低下も想定の範囲内。

       
合計、3,000円

7月      ルーフベント

これがあれば、キャンピングカーらしいな!やっぱり!
見た目も、快適性も文句なし。
前車、
タイガーのバンクに元々付いていたやつ。
ファン付きに交換した
のだが、捨てないでとっておいて良かった〜ぁ!
パソコン用ファンで換気しよう。




     合計、0円

8月      インバーター

大自工業製インバーターを購入しました。
以前から持っていた130Wインバーターでは電動工具が使えません。
大電流だけあって電源はバッテリーと直結。
それも20スケアという極太ケーブル。放熱ファン付きです。
正弦波でなく短形波なんで格安です。正弦波インバーターなら10万円オーバー。
入力電圧が10Vになると警報ブザーが鳴り赤いランプが点灯します。
消費量がインジケーターで確認できます。
定格出力1000W 最大出力2000W 周波数55Hz




      合計、18,000円

8月     奥の手(家庭用ウインドエアコン登場)

猛暑ですー!!暑い!!!!どんだけぇ〜!
エアコン故障でサウナ状態。ペルチェ素子を使って冷風機を作るか?
クーラーBOXに氷を満載してダクトファンを付けて冷風機にするか?悩んでいたところ。
休日のDIY工具(ドリル・ジグソー)用に1000Wのインバーターを購入したので、ふと思った。
「そうだ!窓用エアコンがある!」サブバッテリー3個並列で繋いでみると問題なく作動する。
「電子レンジは?」これも使える。やったやったぁ!!
さて、窓用エアコンをどうするか?・・・・・・場所は?
リアしかない。アクリル板のストックがあったので視界確保に丁度よい。
エアコンの枠は床とルーフの棚柱にビス留め。リアを2重壁とする。
ホームセンターのPでバッテリー収納BOXを製作しながらゲートを開けたままエアコンを作動させる。
ギンギンに冷える〜!エンジンを掛けながらでバッテリーは1時間もった。
これからは
出発前5分間くらいゲートを開けて、とりあえずエアコン作動させて車内を冷やして、
走行中はゲート を閉めるのでエアコンは使えない。扇風機で我慢。
でも、これだけでも全然違う〜♪夏が過ぎれば取り外すだけ。


合計、0円

8月    サブバッテリーBOX

1000Wインバーターを使うためタイガーでプロジェクター用バッテリーとして
使っていた40B19Lを3個 持っていたので並列に繋ぎ120Aとしました。
コードは80Aのブースターケーブルを利用。
走行中はアイソレーターから充電されます。
車幅があまり無いので横に3個並べて倒れないように簡易収納BOXを自作しました。
プラスチックのペラペラの収納ラックは外して、車幅の損失をなるべく抑えるのです。
洗車用品などをバッテリーとボディの隙間に入れます。
インバーターも収納して窓枠ギリギリの高さまでしました。
しかし、これでリアテーブルの設置方法を考え直ししなければなりません。



     合計、2,000円

8月      集中スイッチパネルとボルトメーター

バッテリーBOXも出来たので、照明やファンなどに通じる配線スイッチパネルを作りました。
パネルは手持ちの1mmアルミ板をカット。
ヒューズBOXとスイッチは日本橋で購入。
手持ちのデジタルテスターをメインバッテリーとサブバッテリーの電圧計としても使えます。
スイッチで切り替えできます。我ながらアイディアものです。
テスター棒は端子に差し込むだけ。端子はホットボンドで板にベタ付け。
見栄えは二の次。
配線をダッシュボードまでにも引っ張って、運転席からもチェックできるようしたいなぁ。。。

      合計、600円

8月末     お別れ
短い間だったけど、それなりに楽しめた車でした。僕個人としては好きなホンダ車だし仕事にもRVにも使えるシートは好きだった。
リアエンジンはメンテが辛いけど音は静かでいい。
サンルーフは宝の持ち腐れだったなぁ〜。これから秋の季節は丁度良い装備なんだけど。
ケチケチ軽キャンカー仕様計画も志半ばにして暑さにギブアップ。
少し名残惜しいけど、今年は残暑がいつまで続くの?!エアコンがぁぁぁぁぁ20万円の出費ならも少し新しいエアコン良好の車をヤフオクで落札しま〜す。
結局4ヶ月のお付き合い2000kmのお供をしてくれましたね。いままでご苦労さん。バイバイィ〜ストリート!お疲れぇ(・ω・)ノ▽"フリフリ

2代目軽自作キャンパープチ改造日記へ



HOME               BACK